こんにちは。
心理カウンセラーの川嵜智惠(かわさきちえ)です。

暑い毎日が続いていたのに
急に秋のように涼しくなりましたね。
昨日の夜、
いつものように真夏の服装で外を歩いていると
ちょっと肌寒かったです。

でも、来週にはまた暑さが戻ってくるようです。
しっかり体調を整えて、
この夏を乗り切りましょう!

今夏は暑さだけではなく、
例年にない気象となっていますね。
日本のあちこちで命に関わるような大雨が降ったり、
ほぼ毎日のように発生している
台風も気になるところです。

「台風は陸に上がると勢力が衰え、
やがて消滅するもの」と思い込んでいた私は
西日本を横断した台風12号には驚かされました。 

「思い込み」は言い方を変えれば「決めつけ」です。

例えば、今日は朝寝坊をしてしまい、
いつもの電車に乗り遅れ、会社を遅刻した。
だから「今日はついてない日だ!」って
思うことはないですか?

「今日はついてない日だ!」と思い込んでしまうと
気づかないうちに表情に出てしまいます。
周りの人も声を掛けたいのに
マイナスのオーラを感じ取って遠慮してしまい、
知らず知らずのうちに
孤立しているようなことってないでしょうか?

「思い込み」はプラスに働くこともありますが
ときには厄介だったりしますよね。

朝寝坊をするには、
恐らく何らかの理由があるはずです。
「体調があまりよくない」
「昨日の晩、ちょっと飲みすぎた」
「目覚まし時計をセットし忘れた」 などなど。

その原因に気づけたら、
決して「今日はついてない日だ!」とはならず、
「やってしまったことはしょうがないので
今後気をつけよう」となりますよね。

ネガティブな思い込みによって
自分の運気を下げたり、
不安に感じたりするって、なんだかもったいない!

「思い込み」はポジティブなことに利用し、
ネガティブなことには冷静に判断できるように
なりたいですね。