みなさま、こんばんは。

心理カウンセラーの
川嵜智惠(かわさきちえ)です。

台風20号が去って、
少しは涼しくなるのかなぁと
期待していたのですが、
昨日も大阪は日差しが強く、
とても蒸し暑かったです。

外を少し歩くだけで背中に汗がつたってきて、
今夏は記憶に残る猛暑だなと改めて思いました。

どうぞ、みなさま体調には気をつけて、
残り僅かな夏をお過ごしくださいませ。

 「現状を変えたいけれど、どうしたら良いの?」

こういうことって
誰でも経験しているのではないでしょうか?

何かを変えるということは、
小さな一歩の積み重ねだと私は思っています。

例えば、気持ちの問題で
「会社にどうしても行けない」とします

このような場合、
会社に行くことがゴールになると思うのですが、
いきなり、そこに辿り着くのは
かなりハードルが高いと思います。

なので、このようなときは決して焦らずに
小さな一歩を考えます。

人それぞれの一歩があると思うのですが、
私だったら会社に出社するために
7時に起きる」ことを目標に設定します。

ちゃんと起きられたら目標達成なので
しっかりと自分自身を褒めます。
この日は会社に行かなくてもOKです。

これを3日間続けたら、
次の二歩目の目標を決めて、
それが出来たらしっかりと自分を褒める

この流れを繰り返し、
ゴールに近づいていくのです。
これが小さな一歩の積み重ねです。

ですが、これを始める前に
しなければいけないことがあります。

それは「なぜ現状を変えたいのか」、
「何が妨げになっているのか」を知ることです。

まずは、それらを理解しないことには
進めても効果がありません。

知ること、理解すること、そして受け入れることを
カウンセラーはお手伝いし、
一緒に小さな一歩を考えて、
一緒にクライアント様のゴールを目指します。

よく「朝は必ずやって来る」と言いますが
必ず状況が変わるときがやってきます。

今は辛くて苦しくても、
勇気ある一歩がいつか心から笑顔になれる日を
運んできてくれますように。